お芋大好き!

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

「秋」と言えば・・・?

・食欲

・スポーツ

・読書

・芸術

・行楽

「秋」はいろいろなことをしたくなる季節ですね❣

たぬ子先生はもちろん「食欲」の秋が一番好きだな(^^♪

特に好きなのが「お芋」

「お芋」と言えば・・・?

・サツマイモ

・長いも

・里芋

・ジャガイモ

「お芋」はいろいろな料理に使われますよね❣

たぬ子先生は「里芋」が一番好きだな(^^♪

たぬ子先生の畑ではこれから里芋を収穫するところです。

その「里芋」を使って芋の子汁を作って食べるのが今から楽しみです(^^♪

あ~よだれが出てきちゃう💦

たぬ子先生の家の廊下には思い出の絵がたくさん飾られています。

その中に「お芋」を掘っている子どもたちを描いた絵があります。

その絵は、たぬ子先生の息子が幼稚園年長の時に

自分たちで植えたサツマイモを収穫した時の思い出の絵です。

絵の真ん中にド~ンとどでかいサツマイモがあって

その周りに息子がお友達と楽しそうに遊んでいる様子が描かれています。

まるで子どもたちがサツマイモにたかっている虫みたいに見えます(^^♪

この絵を初めて見た時、わ~!芋大きすぎ!?って思いました。

でも楽しそうだし、迫力があるし、子どもらしい❣って好きになりました。

たぬ子先生も幼稚園の頃から絵を描くのが大好きな子どもでした。

でも、ある時から嫌いになってしましました。

たぬ子先生がお友達と家の周りで遊んでいる様子を描いていた時に

たぬ子先生のお父さんが絵をジーっと見てこういいました。

「なんだこの絵は?

人には首や関節があるのに棒みたいな体を描いているじゃないか!

ちゃんと正しく描きなおしなさい!」

それまでたぬ子先生は好きなように楽しく絵を描いていましたが

お父さんの一言で楽しくなくなってしまったのでした。

それからは小学校の美術の時間しか絵を描いたことがありませんでした。

それに、絵を描くことに自信も無くなってしましました。

たぬ子先生のお父さんは写実的な絵が大好きでお仕事を定年退職した後

風景画や、静物画を油絵で描いて自慢している人でした。

だから、たぬ子先生の息子(孫)が描いたサツマイモの絵を見た時に

「なんだ?サツマイモをどうしてこんなに大きく描いたんだ?」と

息子に質問していました。

「僕にはそう見えたんだよ♪」と息子はすんなり答えました。

アッそうか!そう言えばよかったんだ💡

たぬ子先生は昔の自分より息子が凄い人だな・・・って思いましたよ(^^♪

親バカですよね(^-^;

たくさんの絵を描いて評論もしていた

たぬ子先生のお父さんは

両目を失明して今は何も見ることが出来ません。

でも、家の廊下を伝って歩く度に

「ここに巨大芋の絵があるな・・・」と見えない目で息子(孫)の絵を見上げます。

大人の視点と子どもの視点

実際見え方が違うわけですが

「子どもの心は素直」ということが絵に表れているのでしょうね。

あなたも子ども時代の素直な感性が育つ大事な時期を

大人の感性で壊さないようにしましょうね(^-^;

さあ!

今年もたくさん本物の芋を収穫してたくさん太るぞ!!(^-^;

(食べるぞ)!!

合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」                

たぬ子先生とお話したい人はこちらにどうぞ

↓↓↓

https://lin.ee/IRRThEk

冬支度をしよう(^^♪

輝け!ぽんぽこフラッシュ✨

お久しぶりです!たぬ子先生です(^^)/

この人誰?って忘れられているかも・・・

と思いながらの数か月ぶりの投稿です。

たぬ子先生のお家の周りはすっかり秋めいています。

先週やっとお米の脱穀が終わりました。

今年も新米「ひとめぼれ」美味しかった~(^^♪

後は里芋堀りが残っています。

掘るのは重労働ですが

美味しい里芋を食べることを考えると

頑張らなくっちゃ💪と思います(^^)

家の中に観葉植物たちを非難させ

いつ雪が降っても大丈夫なように

準備万端整いました。

さあ来い!冬将軍!

いつでも受けて立つわよ(^^♪

なんて、威勢だけは良いですが

寒さにメチャ弱いたぬ子先生です(-_-;)

冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、イライラなど

寒さが原因の体の不調も冬とともにやってきます。

そこで、今年はあったかボアのパジャマや

ソックスをもう履いています。

ついでに寝る前にホットココア☕を飲んでます。

今からもこもこ着込んで

真冬になればいったい何を着ればよいの?

大丈夫!

そのころにはちゃんと冬毛に生え変わっているから(^^♪

というか、冬仕様の体質になっているから(^-^;

寒いと感じるのは今だけです。

それに、寒くて眠いけど

たぬ子先生は人間と同じで冬眠しません!

眠いけど眠りません(=_=)

お話がそれましたが・・・

あなたも人目を気にせず

寒かったら暖かい恰好をしてみましょう!

寒いのを我慢してイライラしたり不調だと

家族にも嫌な雰囲気をもたらします。

無理をしてもな~んにも得なことはありませんよ(^-^;

冬体質になるまで頭を使って体を寒さから守りましょうね(^^♪

子どもは風の子、私はたぬ子

たぬきらしく、私らしく生きてます(^^♪

輝け!ぽんぽこフラッシュ✨

お悩み相談はこちらにどうぞ

↓↓↓

https://lin.ee/IRRThEk

子育て中だってビジネスしたい!

輝け☆ぽんぽこフラッシュ!


たぬ子先生は夏バテ気味です。

なんたって毛皮を脱ぎたくっても脱げないから・・・笑



あなたはこんなビジネスの悩みを抱えていませんか?

「ビジネスを始めたいけれど、何をすればいいかわからない」

「30万円以上投資しているのに、すべて消えてしまった」

「稼ぎたいのに。借金だけ増えていく」

「失敗したらどうしよう」


このような悩みが生まれるのは

ビジネスを始める以前に

ビジネスマインドが間違っているからです。


そんな人たちのために

たぬ子先生の仲間が動き出しました。

大切で重要なメッセージなので最後までお読みくださいね。


大事な大事なメッセージ↓↓↓

「初めまして、

私たちはビジネスに真正面から真摯に取り組んでいる

起業家集団Marketing Partner(マーケティング・パートナー)です。


昨年はコロナの影響により

失業した、収入が減った、在宅ワークになった

一方で副業を始めた、新しいビジネスを始めたなど

あなたの周りやあなた自身に、大きな変化があったと思います。


私たちの周りでも同じような変化があり

いよいよ個人が稼いで自由に暮らせる時代が来たと思いました。


しかし、

「どうやってビジネスを始めればいいのか、わからない」

「せっかくビジネスを始めたのに、成果がでない」

「〇〇万円投資したのに、すべて溶かしてしまった」

「子育て中に何をしたら稼げるの?」


そんな声が多くあり

どうして成果が出ないのか聴き

わかったことがあります。


それは

・リスクを恐れて行動できない

・言い訳ばかりできない理由を探している

・お金の価値観がわからない


稼ぐ為の思考様式(マインドセット)と

それに基づく行動がとれていないからです。


私たちはそういう人たちがマインドをセットできるように

メールマガジン「MP通信」を提供することにしました(*^^)v


「MP通信は」あなたが成果を出すために必要な

マインドやノウハウや行動を記したメールマガジンです。


どうぞあなたのビジネスを成功させるために役立ててください。」


↓↓↓紹介者 吉田典子

https://maru-president.com/fx/x8BV4M



たぬ子先生の仲間は、サロンの経営者、書籍5万部を発行する医師、

1,000万件の案件をこなすエンジニアなど

多種多様な仕事を複数こなし成果を出して収益を得ています。


この「MP通信」を読むことで

何故たぬ子先生たちがビジネスで成果を出し続けているのか?

思考、ノウハウ、行動法を知ることが出来ます。


たぬ子先生たちの「MP通信」を読むことで

確実に自分のビジネスで成果を出して

自由で豊かに暮らすことが出来るでしょう。


あなたがビジネスで少しでも成果を出して

自由で豊かな生活を送ってくれることを願って

無料で「MP通信」をお届けします(^^)/


無料で今すぐ「MP通信」を受け取る

↓↓↓紹介者 吉田典子

https://maru-president.com/fx/x8BV4M


合言葉は!輝け☆ぽんぽこフラッシュ!

発達障害って誰のせい?

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


今日は一日雨模様でした(^-^;

たぬ子先生は寒がりなので、

7月なのに冬用のソックスをはいて一日過ごしていました。



たぬ子先生の相談者さんからこんな質問がありました。

「うちの子(長男)が3歳児検診で発達障害って言われました。

ショックでした。

私の育て方が悪かったんでしょうか?」



相談者さんは悲痛な面持ちで質問してきました。


どうして自分のせいだと思うのか?詳しくお聴きすると、

ご主人から「お前の育て方が悪いからだ!何とかしろ!」と

言われて、さらに心が傷ついてしまったのだそうです(-_-😉



たぬ子先生は相談者さんに言いました。

「お母さん。あなたが悪いわけではないんですよ」


発達障害は環境による障害と思われがちですが、

生まれつきの脳の特性です。


生まれつき脳の働きに特性がある例は、

・自閉症スペクトラム症

・注意欠如・多動症(ADHD)

・学習症(学習障害)

・ チック 症

・吃音

がありますが、一つの症状だけでなく複合的な症状があらわれている場合があります。


相談者さんのお子さんは「自閉症スペクトラム症」です。

目を合わさないですし、好きなことには夢中になります。


笑顔で話しかけても笑顔を返さないですし、

一人遊びが好きなので、声をかけると急に癇癪を起すことがあります。


相談者さんの一番の悩みは、

偏食が多く好きなものばかり食べるので健康面を心配しています。



たぬ子先生は大人の発達障害の部下を持ったことがあります。

事務のお仕事となると好きなことばかりやってもらうわけにはいきません。


毎日、お仕事の内容を箇条書きに書き出し、優先順位を決め、

できたかどうかその日の仕事終了前にチェックして


「大変よくできました💮」

「よくできました」

「頑張りましょう」

のハンコをついてお仕事の重要度を好き嫌いではなく意識してもらっていました。


その部下は、今は一人でお仕事をできる人になっています(^^♪



たぬ子先生は相談者さんに言いました。

「一緒に対策を考えていきましょうね!

  きっといい方法が見つかりますよ(^^)」


発達障害は個性的な脳の持ち主である証拠です。

その子はその子で他の何者でもありません。


一人で悩むのではなく関わる人がみんなでその子の個性を理解して

一緒に育てていきましょう(^^)/


たぬ子先生はいつでもあなたの味方ですよ(^_-)-☆

辛いときは遠慮せずに相談してくださいね(^^)/



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

在宅勤務を楽しもう!

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


お久しぶりです!

近頃たぬ子先生は山から降りて、

街の中でお仕事する機会が増えました(^^♪


両親の介護で在宅勤務するのが当たり前になっていたので、

歩く時間が長いと「はあ、はあ、」息が上がりました。


たぬ子先生に限らず、在宅勤務をする人がコロナ禍で増えましたよね。


たぬ子先生の相談者さんにも在宅勤務のお父さんがいます。

このお父さんは、仕事中子どもたちを静かにさせていることで

子どもたちに悪いことをしていると思っています。


「家にいて仕事をしていると、家族に迷惑かけてるな・・・

ってストレスを感じてしまいます。」


そうですよね、仕事をする環境ではない家で仕事をすることは、

結構ストレスに感じますよね(^-^;


仕事する本人も家族もこれまでとは違う環境を作らねばならず、

共働きだと余計ストレスを感じると思います。


たぬ子先生は、在宅でお仕事する日の予定を家族に全部伝えています。

心の準備や予定変更などに余裕を持って対処できるようにです。



在宅勤務で必要なことは、

・夫婦以外にも育児協力者を得ること

・育児協力者と連携の強化および、配慮をすること

・最適な在宅勤務環境をつくること

・体調管理、運動をし、生活リズムを整えること

これらの条件があってこそ、ストレスなく満足できる在宅勤務ができますよね(^^)/



これからまだリモートワークや在宅勤務は続くと思います。


家族で話し合いながら積極的に環境を整えて、

楽しい在宅勤務生活を続けましょう(^^)/


たぬ子先生も山奥で毎日お仕事頑張ります(^^♪



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

早く自由になりたい!

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


パソコンが壊れちゃったので

たぬ子先生はパソコンと一緒にお休みしてました。


そんな時に子育て真っ最中の新米ママさんから

こんな相談がありました。


「私もう限界!コロナだから、子育て中だからって、

どこにも出かけられないし、友達にも会えてない(-_-😉

早く自由になりたい!」



子育て中は自由にできる時間って少ないし、コロナ禍だしね(^-^;

たぬ子先生も子育て中は子どもの奴隷状態でしたよ(^-^;


「おしっこかな?う○ちかな?」

「お腹すいたのかな?ちょっと待っててね(^-^;)」


子どもの世話をしているだけであっという間に一日が過ぎていくのよね。

気が付けば髪はぼさぼさ、顔は汗でテカテカ、お腹はぶよぶよ(-_-😉

私ってこのままおばさんになってしおれていくのかな・・・


そう思うと「自由になりたい!」「どこか遠くに行きたい!」

そう思ってばかりいました。


もちろんたぬ子先生はどこにも行きませんでしたが、

寝不足と不自由とでかなりメンタルが弱っていました。



こういう状態がずっと続くと

「育児うつ」になってしまいます。


そうなってしまったら

・一人になる時間を作る

・完璧主義を止める

・友だちや人に話をする

・専門家のカウンセリングを受ける

という手段を使って乗り切りましょう(^^)/



幸いにして子育ては一生続くわけではありません。

その時期を乗り越えれば大丈夫、

ママはママの人生を自由に生きることが出来ます(^^♪


自分一人で悩まずに家族や周りの人に協力してもらって

上手に自由な時間を作りましょうね(^^♪


それでも不安や悩みが無くならない人は、

たぬ子先生がカウンセリングしますからいつでも声をかけてくださいね(^^)/



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

歯科矯正っていつやるの?

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


早いものでもう6月ですね。

たぬ子先生の家の周りは田んぼがあるので

カエルや虫の声でいつもにぎやかです。



たぬ子先生の相談者さんがこんな相談をしてきました。

「子どもの歯科矯正っていつやるのが良いっともいますか?」


え?

私は歯医者さんではないんですよ(^-^;


この相談者さんは

ご自分の歯並びが悪くて

人前で口を開けて笑うことができないそうです。



たぬ子先生はあとちょっとで還暦ですが

数年前から歯科矯正をしています。


なんでそんな歳になってから歯科矯正するの?


たぬ子先生はあごが小さいので永久歯が収まりきらず

前歯がはみ出し始めてきていました。


見た目も悪いですが上唇が当たって痛かったのです。


もちろん歯科矯正するのは

あごの骨が未完成な若いうちが良いに決まってます。


もっと言うなら、乳歯の頃からあごの状態を

観察しつつ計画的に大人になるまで続けていくのがベストです。


大人になってから矯正すると

時間もお金もストレスも子どもの2倍はかかります(^-^;


たぬ子先生はもう5年目ですが未だ歯医者に矯正の調整で通い

食べるとき以外は矯正具をつけています(-_-😉



こんな目に合う前に小さいころに矯正してほしかったな・・・

たぬ子先生のお母さんにこのことを話したら、

「私なんか歯が無くったって平気よ!」(^^♪

とあっさり言われてしまいました。



日本の教育では歯磨きを指導はしますが

保護者向けに歯科矯正の指導などはありません。


歯科矯正は保険適応外ですからお金がかかるので

できるならやらないでおこうと思いがちです。


実は、お金が少なくて済む矯正もあります。

あごの成長に伴う治療であれば矯正も保険適応になります。


乳歯が生えてきたらお子さんを観察して

気になることがあったら早めに歯科医に相談してみましょう(^^)/


少なくともたぬ子先生のようにはならなくて済みますからね(^-^;



子どもの歯科矯正について詳しいことを知りたい方は

こちらをご覧ください。↓↓↓

早期発見早期治療、愛するお子さんの健康は

あなたが守ってあげてくださいね(^^)/



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

安全安心な副業!?

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


コロナのワクチン接種やっと始まりましたね(*^^)v


たぬ子先生のお父さんもお母さんも後期高齢者なので

いち早く昨日ワクチン接種してきました。


医療や介護に従事している方々にお聞きすると、

高齢者より若い人たちのほうがワクチン接種後に

熱が出たりだるさを感じるそうです(^-^;


それも若ければ若いだけ38度くらいまで熱が出るそうです(^-^;


我が家の後期高齢者は今日もとても元気で平熱でした。


たぬ子先生はたぶん夏にワクチン接種するだろうけど

熱が出るのかしら・・・

ちょっとは熱が出てほしい気がするわね(^^♪



さて、あなたはコロナ禍で将来が不安だと思いませんか?


たぬ子先生の相談者さんの相談で一番多いのが将来の経済的不安です。


特にお子さんがまだ幼いママさんたちは、

教育費にこれからどれだけ必要か?

をとても気にしています。


子育てしながら在宅で

一人で月に数万円から数十万円お金を稼ぐのは、

とっても至難の業ですよね(-_-😉


たぬ子先生もつい最近までそう思っていました。


過去には数十万円も支払って1円も稼げない案件を

無我夢中でやったこともありました(-_-😉


だからこそ安全安心ちょっとでも生活の足しになる

継続収入があったら助かるんだけどな・・・

そう思っていました。


その願いが神様に届いたのでしょう(^^♪

4月に信頼できる会社の社長さんから

あるビジネスを紹介されたのです。


もし自分でやってみて稼げたら

周りにいる稼ぎたい人に教えたい!


そう思いながら1か月やってみたところ、

何と本当に稼げたのです(^^♪

しかも〇万円も(^^♪



名前も経歴もすべてさらけ出している

たぬ子先生が一押しの副業ビジネス


ノーリスク、低コストで始めれて

人の役に立つ安心安全ビジネス💕

これを知りたい人はコメントください(^^♪


ちゃんとお話出来て信頼関係が築ける方に

幸せに成っていただくためにお知らせいたします。

それにちゃんと稼ぎ方を無料で指導しますよ。


コメントに「副業」と書いて送ってください(^^)/

お待ちしていま~す♪



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

ずぼら飯万歳!

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


お久しぶりの投稿です(^^♪

たぬ子先生は風邪をひいてしばらく寝込んでいました(-_-😉


ちょっと暖かい日が続いていたので

夜遅くまでお腹をたたいて踊っていたから風邪ひいたのかも・・・


でも、もう元気になったのでお仕事を始めています(^^♪



たぬ子先生の相談者さんからこんな相談がありました。


「子どもにお昼ご飯を食べさせるので精一杯、

この頃自分のお昼ご飯は食べたり食べれなかったり・・・(-_-😉」


1歳半の男の子を持つママさんのランチタイムはほぼ無いですよね(-_-😉

たぬ子先生の子育て中もけっこうお昼抜いていたな・・・


でもなぜか痩せないから不思議(^-^;


・睡眠不足

・栄養不足

・体力不足

・気力不足

・女子力不足

子育て中は色んなものが不足してました。



子育て中のママさんたちのお昼ご飯は?

・カップラーメン

・インスタントラーメン

・カップスープ

・コンビニのサンドイッチ

・コンビニのおにぎり

・クッキーやスナック菓子


たぬ子先生の相談者さん数名にお聞きしたら

炭水化物だらけの回答でした。


みんな野菜が足りないから栄養バランス崩れちゃうよ(^-^;



たぬ子先生が相談者のママたちにお勧めしている子育てレシピは、

「ずぼら飯」です。


・みそ汁や豚汁にうどんを入れる

・鍋のスープに卵とチーズとごはんを入れる

・お豆腐をつぶし、ごはんと混ぜて、千切り野菜と鰹節とめんつゆをかける

・納豆とネギやしらす、ゆでて輪切りにしたオクラや梅干しをかける

・切った野菜をのっけて焼いた目玉焼きをごはんにのっける

・鯖缶を卵と混ぜて千切り野菜と一緒に焼いてごはんにのっける

これらは、ほとんど残りものを利用したメニューです。


夕ご飯を作る時に残った野菜をゆでたり、切ったりしておくと

お昼ご飯を楽して美味しく食べれますよ(^^♪


「キャベツやキュウリ、ピーマン、玉ねぎ、ネギなどの千切り野菜

ジャガイモ、ブロッコリー、ニンジン、オクラなどゆでた野菜

しらす、鰹節、サケフレーク、鯖缶、乾燥わかめなど

卵、ごはん、うどん、そうめん

めんつゆ、すき焼きのたれ、オリーブオイル」

これらは買い物かごに必ず入れましょうね(^^)/



たぬ子先生はたぬきだから雑食です(^-^;

だから風邪はひくけど特に大病することもなく元気です。


それは子育て中もしっかり栄養を考えて

「ずぼら飯」を食べてきたからかも(^-^;


簡単にできて栄養も取れる「ずぼら飯」

あなたもオリジナル「ずぼら飯」をたくさん作って

子育てを楽しく元気に乗り切りましょう(^^)/



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

集中脳を育てよう!

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


あなたのお子さんは集中力がありますか?


たぬ子さんの相談者さんからこんな相談がありました。


「うちの子落ち着きがなくて、授業参観していたら、

いきなり振り向いて私に手を振ってきたんです。

恥ずかしかったわ・・・(-_-😉」


お子さんは小学校2年生なので、

集中できる時間は15分くらいでしょうね。


小学生は高学年でも集中できる時間は、

30分くらいが限度と言われています。


小学校の授業時間は45分なので、

生徒を集中させるために先生たちは

あの手この手で頑張っています。


じっと45分間集中できている子

すぐ飽きて体が動いちゃう子


なんで集中力に個人差があるのでしょうね・・・


集中力が無くなる原因は、

・スマホやゲームのことを気にする

・睡眠不足

・食事で栄養不足

・温度や湿度などの生活環境が悪い

等々いろんな原因が考えられます。


特に食事は大事です。

でも、脳の発達に欠かせないDHAを含む

赤身の魚や青魚、レバー、貝、納豆など

お子さんはあまり食べなくなっていますよね(^-^;


子どものリクエストだけでなく

あえて脳が喜ぶ食材を使った

「脳メニュー」を食事に取り入れるように頑張りましょう(^^)/


集中力は脳の環境によって大きく違うので、

生活習慣からしっかり見直さなければなりませんね(^_-)-☆



集中力がある脳を「集中脳」と言います。


子どものうちからしっかりした「集中脳」を育てるには、

・折り紙

・パズル

・将棋や囲碁

・楽器演奏

・そろばん

等がお勧めです。



集中力は大人になってからも使う大事な能力です。


「集中脳」を育てるにはあなたの協力が必要です。


スマホ、ゲーム、食事、睡眠など、

子どもの生活環境を改善して、

楽しい遊びを取り入れながら

お子さんの「集中脳」を育てましょう(^^)/



きっとあなたのお子さんは「集中脳」を持った

NEVER GIVE UP!

素敵な大人に育ちますよ(^^♪



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」