やる気のある子に育てる方法

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


前回は「レジリエンス」についてお話ししました。

「レジリエンス」は「回復力」や「跳ね返す力」でしたよね(^^)


たぬ子先生の相談者さんのお子さんで

すぐに諦めてしまう子がいましたが

あることを続けたら

すっかり前向きな子に変身しちゃいました(^^♪


それは、

「数字」を使うことです。


「数字」って聞くと難しそうに聞こえるかもしれません。


ところが簡単なんです。


100点満点の算数の問題が10個あります。

いつも20点の子なら

30点、3問正解を目標に頑張ってもらいます。

それをクリアしたら

5問

7問

10問

だんだん問題数を増やしていきます。


そうすると、

あら?不思議・・・

いつの間にか10問最後まで取り組めるように大変身(^^♪


ただし、

この訓練はお子さんと会話しながら

「そろそろ問題数を増やそうと思うけど何問解いてみる?」

「4問やってみる!」

「じゃあ!さっそくやってみよう!」


なんて、会話でお子さんが解く問題数を

自分で決めるように導いてくださいね(^^)/


朝や夜の決まった時間に

決められた時間内で勉強することで

時間管理能力が身に付きます。


「自分でできた!」

「最後までやれた!」


自己肯定感が得られて

やる気が育ちます(^^♪



たぬ子先生のお家でも

こうやって頑張れる子に育てました。


自分で選ぶ

自分で決める

自分でやってみる


この経験があればこそ

「自信」が育ちますよ(^_-)-☆


それに何より

親子の信頼関係が築けます(^_-)-☆


あなたもぜひお子さんに試してみてくださいね!



合言葉は、「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

投稿者: たぬ子先生

初めまして、たぬ子先生です。小さいころからゴリゴリに厳しすぎる父親と放任主義でゆるゆるの母親に育てられ、私って本当にこの人たちの子供なの?ともがき悩みながら生きてきました。思春期を過ぎても悩みは尽きず、何とか悩みを解消したくて大学で児童教育学を専攻しました。その後、児童文学作家にあこがれ出版業界に就職し、結婚を機に大学で事務のお仕事に転職しました。その時にいろんな人の生き方を支援するキャリア教育に興味を持ち、キャリアコンサルタント(国家資格)資格を取得しました。その後、50代で大学院に進学し、小学校の先生のメンタルを強くする「教員養成キャリア開発支援システム」を作ることができました。現在オンラインでメンタルの強い先生を育てる教員養成塾もやってます。 たぬ子先生の夢は、子どもたちに関わる保護者や先生たちのストレスを解消し、メンタルを強くするお手伝いをすることです。子どもたちを取り巻く大人たちが幸せになることで、子どもたちが夢や希望を持てる世の中を作りたいのです。 たぬ子先生は子育ても終わったので、東北の山の中で両親を介護しながら山の仲間たちとオンラインで仕事をしています。趣味はデコパージュで内なる洗練された世界を表現することです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。