レジリエンスって何?

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


前回「生きる力」についてお話ししましたが、

あなたの子さんはあきっぽいですか?

それともなんでもやり抜く子ですか?


例えば大好きなゲームに時間制限付きで取り組んでいて、

なかなか目標をクリアできなかったり、誰かに負けたり、

思い通りの展開にならなかったとします。


途中なのに「やーめた!」

あっけなく諦めちゃう(^-^;


これって

「レジリエンス」=「回復力」や「跳ね返す力」

が足りないメンタルの問題なんです。


「レジリエンス」がない子は

・最初は一生懸命に取り組んでいたのに、ちょっとしたことで挫折する


「レジリエンス」がある子は

・嫌なことから逃げ出すのではなくチャレンジして前進する

・ストレスが大きくても跳ね返す

・最後まであきらめずにやり遂げる


こんなに違いがあるんですよ(^-^;



たぬ子先生の相談者さんのお子さんも

レジリエンスが不足している子でした。


小学校低学年のお勉強でも

すぐに諦めて前に進めないのです。


ところが、あるちょっとした訓練をしたら、

すっかり前向きな子どもに変わりました(^^)/


さてそれは何でしょう?


その、お話は次回のお楽しみ(^^♪



合言葉は、「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

投稿者: たぬ子先生

初めまして、たぬ子先生です。小さいころからゴリゴリに厳しすぎる父親と放任主義でゆるゆるの母親に育てられ、私って本当にこの人たちの子供なの?ともがき悩みながら生きてきました。思春期を過ぎても悩みは尽きず、何とか悩みを解消したくて大学で児童教育学を専攻しました。その後、児童文学作家にあこがれ出版業界に就職し、結婚を機に大学で事務のお仕事に転職しました。その時にいろんな人の生き方を支援するキャリア教育に興味を持ち、キャリアコンサルタント(国家資格)資格を取得しました。その後、50代で大学院に進学し、小学校の先生のメンタルを強くする「教員養成キャリア開発支援システム」を作ることができました。現在オンラインでメンタルの強い先生を育てる教員養成塾もやってます。 たぬ子先生の夢は、子どもたちに関わる保護者や先生たちのストレスを解消し、メンタルを強くするお手伝いをすることです。子どもたちを取り巻く大人たちが幸せになることで、子どもたちが夢や希望を持てる世の中を作りたいのです。 たぬ子先生は子育ても終わったので、東北の山の中で両親を介護しながら山の仲間たちとオンラインで仕事をしています。趣味はデコパージュで内なる洗練された世界を表現することです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。