生きる力?

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


あなたはお子さんに本を読んであげていますか?


今日たぬ子先生は、地元の本屋さんにぷらりと入ってみました。


児童書のあたりを見ていると、

「子どもに読んであげたい本」

「初めての絵本」

「知育絵本」

「飛び出す絵本」

いろんなコーナーがあるんだな・・・


そんな中に、

「生きる力を育てる本」

というコーナーがありました。


すごい!これぞキャリア教育!

と思って並んでる本のタイトルを見てみると・・・

「論語」

「名言」

「格言」

「故事熟語」

「偉人伝」

これが、生きる力???


違うんじゃない?!


ほしいのは、

「お金の常識」

「情報の使い方」

「時間の使い方」

「人とのかかわり方」

「自分で考える力」

「問題を解決する方法」

などなどですよね(^-^;


全国規模の大型書店なのに、

なんだか時代遅れでがっかりしました(-_-;)



たぬ子先生のお仕事の「キャリアカウンセラー」は、

就職のアドバイスなど

お世話をする人と思われがちです。


実は、人生設計を一緒に組み立て

迷いや悩みがあってネガティブになっている人を

前向きに立ち直れるまで支援するお仕事です。


アメリカでは、弁護士とカウンセラーは家族契約していて

カジュアルに相談をしています。


海外ドラマで夫婦や家族でカウンセリングを受けているシーンよく見かけますよね。


逆に、日本では犯罪者や病気の人しか受けない印象がありますね(^-^;

これも時代遅れです・・・



「生きる力」は「キャリア(人生)を育む力」です。

「生きる力を育てる」には学校の勉強だけでは足りません。


子どもの自立を願うなら、

いずれ社会で使うことは早めに

知識や経験として学ぶ機会を与える必要があります。


それをしてあげるのは、その子のタイプを良く知っているあなたです!


さあ、あなたなら何を子どもに与えてみますか?


あなたの腕の見せ所、頑張りましょうね(^^)/



合言葉は、「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

投稿者: たぬ子先生

初めまして、たぬ子先生です。小さいころからゴリゴリに厳しすぎる父親と放任主義でゆるゆるの母親に育てられ、私って本当にこの人たちの子供なの?ともがき悩みながら生きてきました。思春期を過ぎても悩みは尽きず、何とか悩みを解消したくて大学で児童教育学を専攻しました。その後、児童文学作家にあこがれ出版業界に就職し、結婚を機に大学で事務のお仕事に転職しました。その時にいろんな人の生き方を支援するキャリア教育に興味を持ち、キャリアコンサルタント(国家資格)資格を取得しました。その後、50代で大学院に進学し、小学校の先生のメンタルを強くする「教員養成キャリア開発支援システム」を作ることができました。現在オンラインでメンタルの強い先生を育てる教員養成塾もやってます。 たぬ子先生の夢は、子どもたちに関わる保護者や先生たちのストレスを解消し、メンタルを強くするお手伝いをすることです。子どもたちを取り巻く大人たちが幸せになることで、子どもたちが夢や希望を持てる世の中を作りたいのです。 たぬ子先生は子育ても終わったので、東北の山の中で両親を介護しながら山の仲間たちとオンラインで仕事をしています。趣味はデコパージュで内なる洗練された世界を表現することです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。