子の心親知らず

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」


やっと、たぬ子先生の家の周りに水仙が咲き始めました。

黄色いお花が咲き始めると

春だな・・・

お外に居るのが気持ちいいなぁ(^^♪って思います。


世間は入学式も終わって、

新学期シーズンですね。


あなたのお子さんは

何年生になったのかな?



春は、子どもがすごくストレスを感じる季節です。

クラス替え

先生替え

学校替え

友だち替え

通学替え


「替える」ことは、

生活環境

心の環境

にストレスをもたらします。


このタイミングこそ注意が必要です。

これからゴールデンウイークまでが勝負!

子どもの適応力が試される大事な時期です。


おうちに帰ってきた子どもに、

「今日どうだった?」と聞くと、

「楽しかった!」

なら、まずはOK!


子ども「普通・・・」

子ども「疲れた・・・」

子ども「わかんない・・・」

子ども「・・・・」

だと、モヤモヤした気持ちを整理できていないかも(^-^;


心がモヤモヤしたまま過ごすと

ストレスから頭痛や腹痛など体の障害が現れます。



たぬ子先生のカウンセリングを受けているママさんが、

小学生の子どもがクラス替えの後、

だんだんお話ししなくなり、

不登校になってしまったことを嘆いていました。


子どもは大人と違って、

感じていることを上手く言葉で表現できません。


だから、聴いてあげるきっかけを

ママのほうから作ってあげてください。


たぬ子先生の家では、

子どもが「たぬ子の部屋」に今日一日の報告をしに来る。

変わったルールがありました。


小学生の間はずーっと続けました。

1回1分も話さなっかた子が30分も話すようになりますよ(^^♪

中学生になっても話したいときには

自分から話に来てましたね・・・(^-^;


小さい子どものうちは、

ちょっとしつこいと思われるくらい

子どもに関心を持つ必要があります。


子どもが声に出して「うるさい!」と言ったら、

その子が成長した証で、

それが子離れの合図です。


いきなり離れず、

ちょっとずつ距離を離していきましょう!


これが成功できるか否かは、

子どもを日頃から興味関心をもって見ている必要があります。


私たちも動物の親子と一緒です。

子どもを上手に自立させることが使命です!


人間の親として、

子どもの心を上手に受け止めれる大人になりましょうね(^^)/


あなたならできますよ(^_-)-☆


合言葉は、「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

投稿者: たぬ子先生

初めまして、たぬ子先生です。小さいころからゴリゴリに厳しすぎる父親と放任主義でゆるゆるの母親に育てられ、私って本当にこの人たちの子供なの?ともがき悩みながら生きてきました。思春期を過ぎても悩みは尽きず、何とか悩みを解消したくて大学で児童教育学を専攻しました。その後、児童文学作家にあこがれ出版業界に就職し、結婚を機に大学で事務のお仕事に転職しました。その時にいろんな人の生き方を支援するキャリア教育に興味を持ち、キャリアコンサルタント(国家資格)資格を取得しました。その後、50代で大学院に進学し、小学校の先生のメンタルを強くする「教員養成キャリア開発支援システム」を作ることができました。現在オンラインでメンタルの強い先生を育てる教員養成塾もやってます。 たぬ子先生の夢は、子どもたちに関わる保護者や先生たちのストレスを解消し、メンタルを強くするお手伝いをすることです。子どもたちを取り巻く大人たちが幸せになることで、子どもたちが夢や希望を持てる世の中を作りたいのです。 たぬ子先生は子育ても終わったので、東北の山の中で両親を介護しながら山の仲間たちとオンラインで仕事をしています。趣味はデコパージュで内なる洗練された世界を表現することです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。