カモシカの子育て?

「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」



たぬ子先生のキッチンからは畑が見えます。

毎年、この畑にカモシカの親子がやってきます。



ある日、2頭の子どもとお母さんカモシカが

畑を行ったり来たりしていました。



そこはジャガイモ畑なので畑一面葉っぱが生い茂っています。

葉っぱでも食べるのかな?

と思ってみていたら・・・

前足を器用に使ってお母さんが穴を掘り始めました。



子どもたちは興味津々、真剣そうに

じっ~っとお母さんの穴堀を見つめています。



カモシカは自力で餌をとる力がないと生きていけません。

餌をとる方法を教え自立させることが

カモシカの親の「子育ての目標」です。



では、人間の子育ては何が目標でしょう?



たぬ子先生は

「その子どもらしくなってほしいな」

「やりたいことやれる人になってほしいな」

「優しい人になってほしいな」

なんて、モヤっとしたことは考えていました。



どう育てたらいいのか?

を意識することはなかったように思います。



ママたちに子どもが「どんな人に育ってほしいですか?」

を聞くと

「優しい人」

「人に迷惑をかけない人」

「元気で健康」

「心が強い人」

「自分の意見を言える人」

いろいろな意見がでます。



「ではそうなるためにあなたは何をしますか?」

を聞くと

「子どもに優しくする」

「親が手本を見せる」

という意見が出ます。



ママたちはちゃんと考えているなぁって思います。



たぬ子先生は「優しい子」に育てるのが好きだけど、

「健康な子に育てる」ことをお勧めします。



心も体も健康な子に育てることで

よい人生をおくる可能性が高まるからです。



そして次の2つのメリットがあります。



心が健康な子は「自立」できます。

・生活や経済的な自立

・選択や判断力がある

・責任感がある



心が健康な子は「まわりの人たちと仲良く」できます。

・自己主張しながら相手の主張も聞ける

・折り合いをつけて協力できる



二ホンカモシカは日本の特別天然記念物です。



特別扱いされ過保護にされそうな動物ですが

自力でエサを探し自立しなければいけません。



親になれば自分の家族に献身的に貢献し続けます。



2頭の子カモシカも母カモシカに教えられたことを実践し

また同じように生きていきます。



芋ほりをしているお母さんカモシカの足は

太く逞しかったなぁ・・・

まさに「カモシカのような足?」※でした(^-^;

※「カモシカのような足」は羚羊(レイヨウ)の足のことらしいです(^^♪



私たち人間も子どもの自立のため

頑張って子育てしていきましょう!



合言葉は「輝け☆ぽんぽこフラッシュ!!」

投稿者: たぬ子先生

初めまして、たぬ子先生です。小さいころからゴリゴリに厳しすぎる父親と放任主義でゆるゆるの母親に育てられ、私って本当にこの人たちの子供なの?ともがき悩みながら生きてきました。思春期を過ぎても悩みは尽きず、何とか悩みを解消したくて大学で児童教育学を専攻しました。その後、児童文学作家にあこがれ出版業界に就職し、結婚を機に大学で事務のお仕事に転職しました。その時にいろんな人の生き方を支援するキャリア教育に興味を持ち、キャリアコンサルタント(国家資格)資格を取得しました。その後、50代で大学院に進学し、小学校の先生のメンタルを強くする「教員養成キャリア開発支援システム」を作ることができました。現在オンラインでメンタルの強い先生を育てる教員養成塾もやってます。 たぬ子先生の夢は、子どもたちに関わる保護者や先生たちのストレスを解消し、メンタルを強くするお手伝いをすることです。子どもたちを取り巻く大人たちが幸せになることで、子どもたちが夢や希望を持てる世の中を作りたいのです。 たぬ子先生は子育ても終わったので、東北の山の中で両親を介護しながら山の仲間たちとオンラインで仕事をしています。趣味はデコパージュで内なる洗練された世界を表現することです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。